飯田市ふるさと20地区応援隊

  • 画像

東野
桜並木を大切に、歴史と伝統を守る、人にやさしいまち・東野

寄附の使いみち

【東野地区基本構想・基本計画に掲げる事業を推進します】
人口減少、少子高齢化が急速に進むなか、東野地区では、リニア開通を見据えて人口減少を抑え、より住みやすく、自信と誇りをもって安心して生活できる東野をめざしていくために、2017年度に“東野地区がめざすべき将来像”を明確にした「東野地区基本構想・基本計画」を策定しました。
本計画は、対象期間を2018年度から2027年度までの10年間と定め、具体的なテーマ(めざすべき姿・目標)に沿って各種事業を進めてまいります。


<具体的な取組内容>
・若者が住み続け、一旦はこの地を離れても再び戻って来たくなるよう若者の心に残るイベントを開催し、郷土愛を醸成します。
(桜まつり、フリーマーケット、グルメイベント、婚活イベント等の開催)
・伝統文化財を次世代に継承します。(東野大獅子、大宮諏訪神社と祭典、リニア開通を見据えた桜並木の再整備)
・地域住民の交流を推進します。(組合加入の促進、世代間交流事業、あいさつ運動)
・女性が社会参画することで地域に活力が生み出されることを期待し、自治会やサークルなど多様な組織のリーダーとして活躍する輝く女性をみんなで支援します。(女性組織の立ち上げ、イベントへ女性の積極的な参加・企画) 

寄附する

新着情報

一覧へ

地区紹介

画像

東野大獅子

東野地区は、橋北地区の北西、丸山地区の東に位置し、橋南地区、羽場地区を含めた5地区を総称して「旧市内」或いは「丘の上」と呼ばれる地域の中にあります。地区内にある「大宮諏訪神社」では、御柱祭の年に「お練り祭り」(式年大祭)が開催され、特に「東野大獅子」が有名です。
大きな屋台獅子が特徴の飯田下伊那でも、長さ25メートル、幅2メートル、高さ3.2メートルの東野大獅子は別格で、国内最大級とされ、2016年度には3代目となる獅子頭が新調されました。

画像

東和町ラウンドアバウト

また、東野地区には全国でも珍しく環境に配慮したラウンドアバウト(信号機のない円形交差点)が2箇所あり、一つは飯田大火後の道路整備の際に桜並木通りの交差点に、もう一つはその西側300mの東和町交差点(飯田郵便局前)に2013年に設置されています。

画像

さらに、当地区には、JR飯田駅、高速バス発着所、飯田文化会館、飯田人形劇場、飯田市公民館、飯田郵便局、飯田年金事務所、飯田税務署など多くの公共施設はもとより大宮通り桜並木、イチョウ並木、中央公園など自然豊かな資源が多く存在します。
今後、当地区のシンボルである「桜並木」の再整備も行われる予定で、東野大獅子を始めとする様々な伝統文化を継承した誇り高きまちを目指していきます。

東野地区基本構想・基本計画の推進

2017年度に策定した「東野地区基本構想・基本計画」を着実に推進するため、7つの部会が中心となり取り組む事業について、「基本構想・基本計画推進委員会」や「推進リーダー会議」において進捗状況を確認していきます。具体的には、各部会で計画したテーマ(めざすべき姿・目標)について、その達成状況を毎年2回(中間と年度末)検証し、次年度への取り組みに繋げていきます。

桜並木の再整備に向けた取り組み

150本余りの桜が植えられている桜並木の景観を保持し、桜並木を「みんなの道」にするために、行政と協働して基本構想に掲げる「リニア開通を見据えた大宮通り桜並木の将来像」に向けた取り組みを行います。

東野大獅子保存会、明日の東野をつくる集いの活動

東野地区特有の伝統芸能「東野大獅子」を継承する保存会の活動や女性が多数を占める任意団体で東野地区の将来を考える「明日の東野をつくる集い」の活動も活発に行われています。

桜まつり・桜並木イルミネーション

桜並木の賑わいを創出するために桜保存会を中心に「大宮通り桜まつり」や「桜並木イルミネーション」を実施しています。

画像

左から「桜まつり:4月上旬」「桜並木イルミネーション 12月中旬~1月中旬」

地区戦略計画基本構想・計画、事業計画等で目指すまちづくりの目標

東野地区では、以下の7つの視点から地区の目指す将来像「東野地区基本構想・基本計画」を策定しています。
1 若者が定住できる魅力あるまち・東野
2 伝統文化を継承するまち・東野
3 安心安全で災害に強いまち・東野
4 親近感・仲間意識が向上するまち・東野
5 心なごむ美しい環境をめざすまち・東野
6 女性が輝き活躍できるまち・東野
7 健康で生活できる幸福度の高いまち・東野

地区基本情報

地区名 東野(ひがしの)
地域自治組織の名称 東野まちづくり会議
地区の事務所 〒395-0082
長野県飯田市宮の前4398-2 
TEL:0265-24-9144
FAX:0265-52-2854
メールアドレス higashinokaigi@gmail.com

寄附する

TOPへ