飯田市ふるさと20地区応援隊

  • 画像

橋南
りんご並木を中心とした歩いて暮らせるまちづくり

寄附の使いみち

【りんご並木を中心とした歩いて暮らせるまちづくり】
りんご並木を中心にして、自動車に乗れない高齢者でも、ベビーカーを押す若いご夫婦でも、誰もが歩いて日常生活が送れるまちづくりを目指します。


<具体的な取組内容>
・市街地の活性化に向けた取り組み
・飯田市のシンボル「りんご並木」の維持・整備への取り組み

寄附する

活動の状況

  • 登録されている活動の状況はありません。

新着情報

  • 登録されている新着情報はありません。

地区紹介

画像

橋南地区は、飯田市の中心市街地の多く含む地域です。
当地域は、飯田城の城下町に位置し、江戸時代以降、飯田下伊那地方の中心地として栄えてきました。行政・商業の街として発展し、古くからの街並みや文化財が数多く残っていましたが、昭和22年に発生した飯田大火によりこれらは残念ながらほとんどが消失してしまいました。
大火の復興にあわせ、地元の飯田東中学校生徒の発案による「りんご並木」が整備されました。「赤いりんごが実っていても、それを盗む者がいないような美しい心をもった人が住む街をつくる」ことを中学生が提案し、以後飯田東中学校の生徒による管理がなされてきました。初年度こそ盗まれる実がありましたが、以後は中学生の取り組みが浸透し、一つのりんごも盗まれることなく現代に至っています。

飯田市のシンボル「りんご並木」。現在は中学生の人数が減少してきていますが、地元橋南地区の住民もボランティアとしてりんご並木の整備に関わり、地区をあげて保存活動に取り組んでいます。

飯田のシンボルりんご並木の維持管理

画像

飯田市においても少子化の影響により、子どもの数が少なくなっています。かつては、飯田東中学校の生徒だけで維持管理を行ってきたりんご並木ですが、現在では中学生だけでは手が回らなくなってきています。りんご並木の地元である橋南地区は、全自治会がりんご並木後援会の会員になっており、りんごの木の手入れ、施肥、除草等、並木作業に参加しています。
また、ボランティア団体である「りんご並木に花を植える会」では、チューリップを始めさまざまな花をりんご並木に植えることによって、りんご並木が憩いの場となるよう活動しています。

まちの活性化に向けて

画像

りんご並木では、春から秋にかけて様々なイベントが開催されています。橋南まちづくり委員会でもそれらのイベントに協賛して、まちの活性化を目指して活動しています。
 この写真はりんご並木で開催した、「橋南夏まつり(射的コーナー)」です。地元の方ばかりでなく、多くの方のご来場をいただき、楽しいひと時を過ごしていただいています。

基本構想・計画、事業計画等で目指すまちづくりの目標

りんご並木を中心とした、歩いて暮らせるまちづくり
~~ 市街地の活性化と併せた元気なまち ~~

「市街地は自治体の顔である」(牧野飯田市長)の言葉通り、市街地は自治体を代表するイメージです。
住む人も、訪れる人も、皆が元気でいられることが、市街地の活性化を育みます。
自家用車がなくても日常生活が送れるまちは、子供からお年寄りまで、誰もが暮らしやすいまちであると考えます。

地区基本情報

地区名 橋南(きょうなん)
地域自治組織の名称 橋南まちづくり委員会
地区の事務所 〒395-0046
長野県飯田市扇町35番地 
TEL:0265-24-0327
FAX:0265-24-5887
メールアドレス kyounan.machi@gmail.com

寄附する

TOPへ