飯田市ふるさと20地区応援隊

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

上村
 

寄附の使いみち

【景観イメージアップ〜花やみどりであふれる郷づくり~】
・遊休農地や荒廃地へ花や作物を植え、景観を良くする。
・農作業を通じた世代間交流、観光客等との交流を実施する。
・住民の健康増進に努め元気あふれる地域づくりをする。


<具体的な取組内容>
・手入れをして、花・穀物・野菜等の畑にする。
・収穫した花、穀物は販売、加工方法の検討、試作をする。
・農業体験プログラムを立案し交流人口の増加を図る。
・農業の担い手への農作業のコツを伝授する。

寄附する

地区紹介

地勢

画像

下栗の里(南アルプス兎岳・聖岳

遠山郷の北の玄関口である上村は、飯田市の東端に位置し、面積126.51k㎡を有し、その98%は山林原野であり、東は南アルプスの兎岳、大沢岳で静岡市に接し北は大鹿村、南は飯田市南信濃地区に、西は伊那山脈を以って市内上久堅、千代地区、喬木村に接している。

地区の最北端を源に発する上村川は、地区の中央部を南北に縦断する中央構造線に沿って南下し、西方の伊那山脈は特に険阻な渓谷をなし地形は極めて厳しく、ゆえにこの谷地形は遠山谷と呼ばれ「程野」「中郷」
「上町」の集落を形成している。

東側は南アルプスの前衛の山塊地帯で大部分は山林で、変化に富んだ地形で植生も豊富であり、随所に風光明媚な高原や尾根がある。

「日本のチロル」とも呼ばれ、にほんの里100選にも選ばれた「下栗」の集落がある。

伝統文化

画像

霜月祭り(四面・土王)

国の重要無形民俗文化財に指定される「霜月祭り」をはじめ、「下栗の掛け踊り」「事の神送り」「中郷獅子舞」「御
祝棒」など、固有の祭りや民俗芸能・行事が数多くの残り、保存会や各区を中心に保存・伝承に努めている。
特に霜月祭りは近年、活字や映像により記録保存がされ、これを活用し後継者の育成、継承に取り組んでいく必要がある。

自然

上村を含む遠山郷は自然や歴史文化面で極めて重要な特徴を有している。
日本列島の形成史を物語る中央構造線に沿って広がる谷地形。
南アルプスが眼前に眺望できるしらびそ高原。御池山隕石クレーター(国内唯一)の発見に続き、2014年6月には南アルプスはユネスコエコパークに指定され世界的にも注目されている。

1 小沢川小水力発電事業への取り組み

画像

約500m上流から取水 172kwの発電を行う

豊富な水資源を生かし、地区内を流れる小沢川(こざわがわ)において、地域住民が主体となって設立する事業主体が172KWの小水力発電事業を行うため、検討・調査等を実施している。
再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づき、電力会社へ全量売電し、売電により得た収益は、地区住民で構成する地縁団体である上村まちづくり委員会が地域振興、特に若年層の移住・定住策に活用できるようにするものです。

発電所建設の事業主体となる会社を昨年9月に設立し、各種許認可申請、水車の選定等の検討を行いながら、多額の建設費の資金調達、事業費のコストダウン等実現に向けた課題解決に地域住民一丸となり取り組んでいる。

2 サイクリストにやさしい郷づくり

標高700m〜2,000mの高低差を有する当地区は、年間を通して多くのサイクリング愛好者が訪れ、レース前のトレーニングや高低差を楽しむサイクリストを多く見かけます。
また、サイクルロードチーム“ボンシャンス”は、上村に合宿所があり、若手選手の育成、練習拠点となっている。
そこで、遠山郷観光協会と協力して上村を拠点とするサイクリングマップの作成、初心者向けの自転車の乗り方教室などを計画している。    
サイクリストを中心とした交流人口の増加に期待しています。

基本構想・計画、事業計画等で目指すまちづくりの目標

『環境・伝統文化・人々がかがやく上村』
 豊富な森林資源、優れた自然環境を生かしながら、これを未来に繋げ「環境を大切にし、環境への負荷を可能な限り軽減するライフスタイル(LOHAS(ロハス))が実現できる上村」づくりを基盤にして様々な地域振興を図りながら、交流人口、定住人口の増加をめざす。

地区基本情報

地区名 上村(かみむら)
地域自治組織の名称 上村まちづくり委員会
地区の事務所 〒399-1403
長野県飯田市上村754番地2 
TEL:0260-36-2211
FAX:--
メールアドレス kamisoumu@city.iida.nagano.jp

寄附する

TOPへ