飯田市ふるさと20地区応援隊

総合トップ > 地区トップ > 活動の状況一覧 > 活動の状況詳細

活動の状況詳細

2018年12月19日

「空気であそぼう」おもしろ科学実験

写真

 子どもをはぐくむ委員会では、全体事業「空気で遊ぼう」おもしろ科学実験を9月15日、鼎小学校体育館で開催しました。
南信州イイダおもしろ科学工房 三浦ひろ子先生のあいさつから始まり、空気、風に関する絵本を見てからサイエンスショーに入りました。
 紙飛行機を折り、飛ばしました。長い間飛ばないと、投げ方を変えたり折る角度を変えたりし、子供たちも考えながら作っていました。段ボール箱で作った空気砲は、丸の穴から煙が発射すると、大きな声をあげ驚いていました。
 新聞紙ドームを大人と一緒になって作りました。大きく膨らませる時、先生から入口近くより少し離れた所から、周りの空気も一緒に中に送り込むとよいと言われ、うちわであおぎました。ドームの中に子どもたちが入り、最後は壊して出てきました。
 目に見えない、なくなると困る空気、わかってくれたかな?子どもたちが科学の不思議に興味を持ってくれたらいいなと思います。

TOPへ